女性の薄毛対策にはホルモンを増やすことが大切

抜毛の原因と理想の対処法

困る男の人

AGA治療は抜け毛の兆候が見られた段階で受ける事が大切です。早期の段階で薄毛対策に取り組む事で将来的な抜け毛の量を減らし、脱毛の進行を遅らせる事も可能です。従って、薄毛のトラブルは早期の段階での取組みが必要とされます。

もっと知ろう

自分の髪を取り戻す

育毛サイクル

自分の髪を取り戻すためには効果的な治療を受けることが必要です。継続することが大切ですから、名古屋で発毛治療を受けたいなら、通いやすい範囲でクリニックを探すようにしましょう。治療との相性も大切ですから、自分と似た体質の方に評価が高く、実績のあるクリニックから選ぶとよいです。

もっと知ろう

髪は生える

櫛を持つウーマン

長いあいだ薄毛は中年の男性に多い髪の毛のトラブルとされていました。しかし近頃では男性のみならず女性も、そして10代や20代といった世代でも薄毛に悩む人が増えてきています。薄毛に悩む人が増えた理由として食生活や生活習慣の乱れ、ストレス、運動不足などが大きく影響していると言われているので、食生活や生活習慣の見直し、ストレスを溜めこまず適度な運動を行うことが予防や改善のための1つ目の対策になります。その他の薄毛の原因として男性は男性ホルモンのテストステロン、女性は女性ホルモンのエストロゲンが加齢によって急激に減少することによっておこります。これは更年期の時期にあたり更年期障害の1つと考えられています。

加齢によるホルモン減少が原因の薄毛対策は、病院での対策とセルフケアで行える対策の2つの方法が挙げられます。病院での対策は症状があらわれてしまっている場合に行うので正式には治療になります。ホルモンの減少による薄毛は一般的にAGAと言われ男性は剃り込み部分から後退するM字タイプ、生え際全体が交代していくU字タイプ、頭頂部から後退するO字タイプの3タイプになり、女性の場合は髪の毛全体がまばらに抜けるびまん性タイプが多くなります。AGAの治療としては内服薬と外用薬による治療を行い、薄毛の進行具合によりますが3ヶ月から6ヶ月で発毛の実感ができると言われています。そしてセルフケアで行える予防対策としては男性はテストステロンを増やす効果のあるマカや亜鉛、女性は女性ホルモンと同じ働きをする大豆イソフラボンやザクロをサプリメントで摂取すると効果的です。

薄毛治療薬の安全な使用法

笑顔の男の人

男性型脱毛症の原因は、主に遺伝や男性ホルモンが関係しています。生活習慣見直しだけでは改善しませんので、プロペシアを服用することで脱毛阻止と薄毛進行遅延をすることができます。副作用のリスクはありますが、医療機関で医師の診察を受けていればリスクは少ないです。

もっと知ろう